いまどきポケット速報

イマドキなゲームやアニメ、漫画の詳細についていろいろ語っちゃう記事だよ☆
主にポケモンのニュースを取り上げることが多いから、ポケモン好きの方は是非見入ってほしいな〜


    ピカチュウが走り回る“お掃除ロボット”がポンコツすぎて…でもカワイイ | ニコニコニュース



     先日とても気になるアイテムを発見。その名も「ピカチュウルンルンクリーナー」(3,500円+税)。なぜなら我が家には小3の娘と年長の息子がいるのですが、2人が使ったあとのテーブルがとにかく汚いんです。お菓子を食べれば食べカスだらけ、宿題をした後は消しカスが山のよう…。これは息子も大好きなピカチュウの力をお借りするしかない!ということで、早速購入してみました。


    ピカチュウが喋る!駆けるキュートな卓上クリーナー



    ピカチュウルンルンクリーナー」



    ピカチュウルンルンクリーナー」は卓上専用のロボットクリーナーで、机の上の食べカスなどのゴミをきれいにしてくれるお掃除アイテムです。落下防止機能だけでなく障害物を回避してくれたり、オートスリープ機能もついていたりと、何やら使い勝手がよさそう。



    モンスターボールの上にお座りしたピカチュウ可愛い



     モンスターボールの上に座るピカチュウ、安定のかわいさです。このクリーナーは単純に掃除をしてくれるだけでなく、なんとピカチュウコミュニケーションまで取れてしまうという優れもの。これは息子も喜びそう! しかし本当にゴミをきちんと取ってくれるのかが気になるところ。早速起動してみましょう。


    ◆机の上をがむしゃらに走り回るピカチュウ


     必要な電池は単4形アルカ乾電池3本。娘の宿題後の机に置きスイッチを入れると、何ともかわいい声で自己を主張し、軽快に走り出しました。消しカスの上を通り、そのまま直進。そして障害物にぶつかると華麗に方向転換。


     もちろん机の端まで行ってしまっても落ちることもなく、安心して見守っていられます。しかし…、お分かりいただけたでしょうか。彼は自らゴミを感知して進んで行ってくれるわけではないということを。広い机の上だとピカチュウが目的地に辿り着き、全てのゴミを回収してくれるまでに相当な時間を費やしそうです。


    ◆囲い


     というわけで、お次は囲いを作ってトライ。これだと彼も効率よく掃除を進められていますね。ある程度高さのあるものならきちんと障害物だと認識して回避してくれますが、ノートなどの薄いものはそのまま直進しようとしてノートを押しながら進んでしまいました。


     気になる消しカスの吸い具合ですが、1回通るだけで完璧に吸ってくれるというわけにはいきませんでした。同じところを何往復かしてきれいにしてくれる感じです。



    消しカスがごっそり!



     ある程度大きな消しカスもこのように吸い取ってくれています。


     次はクッキーの食べカスで検証。逃亡癖があるため、大きなダイニングテーブルであれば尚更囲いが必須です。こちらも消しカス同様、方向転換により何度も往復を繰り返しながらマイペースに掃除を進めてくれました。


    キュートピカチュウのお喋りに息子大喜び!お猫様は…


     ピカチュウおでこに軽くタッチするとお喋りをしてくれるのも、このクリーナーの特徴。セリフが何パターンかあるのでつい何度もタッチしてしまいます。


     また、長めにタッチするとピカチュウがお喋りをしたあとにその場でぐるぐると回転し、目を回してストップするというアクションも。「そっちじゃないよ!」、「がんばれ~」などと言いながら、息子は机の上を動き回るピカチュウを観察して楽しんでいました。



    いつの間にかポケモンたちの集会になっていた



     気付いたらこんなシュールな状況(ポケモンたちの集会)になっていたことも。完全にごっこ遊びに巻き込まれています。子ども達にとっては掃除よりピカチュウが机の上を動き、かわいくお喋りすることの方がポイントが高いよう。


     最後に、ピカチュウといえばネズミネズミといえば猫ということで、女子SPA!編集Aさんのお宅にいるお猫様にピカチュウを見てもらいました。気になる反応は…



     ビビってますね~。興味津々のご様子ですがなかなか近づこうとしません。2匹の絆が結ばれる日は遠そうです…。


    =====


     お掃除ロボットとしては若干頼りなさを感じますが、何よりピカチュウキュートな見た目&声は癒し効果抜群。特にポケモンが好きというわけではない筆者ですが、無駄に起動してはあのキュートなお喋りを求めてしまっている自分がいます。恐るべし、ピカチュウ


    <文/鈴木美奈子>


    【鈴木美奈子】雑誌の読者モデルから2児のママに。現在はライターとして、コスメ・美容、家事コツなどの記事を執筆。



    モンスターボールの上にお座りしたピカチュウが可愛い!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ピカチュウが走り回る“お掃除ロボット”がポンコツすぎて…でもカワイイ】の続きを読む


    ポケモン公式ベビーブランド「モンポケ」が 10/27開催の「たまひよ ファミリーパーク2019 in 横浜」 に出展! | ニコニコニュース



    7月より先行販売開始となった、ポケモンの公式ベビーブランド「モンポケ」が10月27日に開催される「たまひよ ファミリーパーク2019 in 横浜」にてブースを出展いたします。10月より全国展開が開始され、ブースでは展開中の全製品、2020年発売予定の新製品サンプルなどをご覧いただけます。SNSアップし、ブースにお越しいただいたお客様には非売品の「マルシェバッグ」を先着でプレゼントいたします。

    イベント当日、モンポケグッズの物販はございません。

    メインビジュアル

    メインビジュアル

    イベント概要>

    名称:たまひよ ファミリーパーク2019 in 横浜

    日時:2019年10月27日(日) 10:00~18:00

    場所:パシフィコ横浜 展示ホール

       入場無料(事前登録制)

    ■cacdoデザインコンビベビーカー展示

    モンポケのロゴデザインネーミングを担当したcacdo(世界的デザイナー・佐藤オオキ率いるnendoと電通の合弁会社)がモンポケのためにデザインした、コンビベビーカーを展示。

    “outdoor”をテーマとし、モンポケのブランドコンセプトである「高品質」「大人も欲しいデザイン」「ギフト」「コミュニケーション」を表現したスペシャルモデルとなっている。

    コンビベビーカーのフラッグシップモデル「スゴカルα 4キャス compact」をベースに、幌生地は、一般的な素材と比べて強度と耐久性が非常に優れた繊維「コーデュラ(R)」を採用し、アウトドアファンも唸る仕様に。ポケモンたちがさりげなくデザインされた、特別限定仕様車となっております。

    発売は2020年3月下旬予定。

    発売に先駆けて実物サンプルを見ることができるチャンス

    メーカーコンビ

    モデル名: スゴカルα 4キャス compact monpoke

    価格  : 69,000円(税抜)

    ※画像は開発中のCGイメージです。

    2020年の新製品サンプル展示、新パートナー発表

    既に発表されている犬印本舗、コンビ、セキグチ、セガトイズ、カワダに加え、2020年のモンポケ新たなパートナーを一部発表!ブースでは世界最速で新製品の展示もいたします!

    SNSアップでマルシェバッグ(非売品)プレゼント

    イベント開催日の10月27日当日、TwitterもしくはInstagramにて「#モンポケ」をつけてツイート、またはポストすると、非売品のマルシェバッグをプレゼントピカチュウたちがデザインされた、シンプルで可愛らしいマルシェバッグです。

    10月27日にモンポケのグッズの写真やつぶやきなどを「#モンポケ」をつけてアップし、その後モンポケブースのプレゼント専用列に並んでスタッフスマホの画面を見せよう!

    ※モンポケ公式Twitterリツイートさせていただく場合があります。

    プレゼントはご家族様で1点となります。

    ピカチュウルンパッパメインステージに登場!

    イベント会場のメインステージでは「ピカチュウルンパッパ わくわく!モンポケステージ」を予定!

    モンポケのブランド説明や、スペシャルプレゼントがもらえるクイズ大会など、楽しいステージを予定しております。

    ピカチュウルンパッパステージに登場!

    ピカチュウルンパッパ わくわく!モンポケステージ」

    12:10~12:40/16:00~16:30

    ■モンポケとは

    新世代のママやパパに向けた、ポケモン公式ベビーブランドです。

    対象年齢はマタニティ期のママから36カ月前後のお子様となります。

    「ギフト」「大人も欲しいデザイン」「高品質」「コミュニケーション」をコンセプトとし、トップメーカーとともにハイセンスな製品を展開いたします。

    ※「monpoke」:「e」の正式表記は「e」の上にアクセント記号が付くフランス語表記です

    【関連リンク

    ■モンポケ公式Twitter

    https://twitter.com/monpoke_jp

    ■モンポケ公式ホームページ

    https://monpoke.jp/

    ■たまひよ ファミリーパークホームページ

    https://st.benesse.ne.jp/park/

    株式会社小学館集英社プロダクションホームページ

    http://www.shopro.co.jp/

    メインビジュアル


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ポケモン公式ベビーブランド「モンポケ」が 10/27開催の「たまひよ ファミリーパーク2019 in 横浜」 に出展!】の続きを読む


    『ポケットモンスター ソード・シールド』発売記念くじが11月2日(土)発売!ピカチュウやサルノリ、ヒバニー、メッソンの可愛いぬいぐるみも! | ニコニコニュース



    一番くじ倶楽部にて、2019年11月2日(土)発売予定の「『ポケットモンスター ソード・シールド』発売記念くじ」の情報が公開。商品ページでは、「サルノリヒバニーメッソン付きクッション」や「のほほピカチュウぬいぐるみ」など、全ラインナップのサンプル画像が掲載されています!

    一番くじ倶楽部「『ポケットモンスター ソード・シールド』発売記念くじ」

    詳しい情報は、一番くじ倶楽部チェックしてくださいね
    2019年11月2日(土)発売の「『ポケットモンスター ソード・シールド』発売記念くじ」全ラインナップが公開!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『ポケットモンスター ソード・シールド』発売記念くじが11月2日(土)発売!ピカチュウやサルノリ、ヒバニー、メッソンの可愛いぬいぐるみも!】の続きを読む


    『ドラクエウォーク』が成功した3つの理由。ほかのタイトルは苦戦しているのに… | ニコニコニュース



    ―[絶対夢中★ゲームアプリ週報]―


     9月12日に配信が開始された『ドラゴンクエストウォーク』。配信以来ほぼ連日、セールスランキング1位をキープする好調ぶりで、開発元コロプラの株価も8月の600円台から、10月1日には年初来高値1930円と約3倍になり、プチバブルの様相を呈しています。

     これまでウォーキング系のジャンルでは『ポケモンGO』が3年間トップを走り続けてきました。グローバル展開していないとはいえ、この状況に風穴をあけたのが『ドラクエウォーク』。数々のウォーキングゲームが撤退・苦戦を強いられるなか、なぜ『ドラクエウォーク』はスタートダッシュに成功したのか、その理由を探っていこうと思います。

    ◆理由その1:地方格差の是正

    ポケモンGO』の一番の不満として挙げられるのが地方格差。地方ではポケモンゲット用のボールを入手できるポケストップの数が少なく、それにともないポケモンの出現数も乏しくなっています。同じくナイアンティックの位置情報ゲームハリー・ポッター:魔法同盟』でも、地方では魔力を補充する宿屋がまばらでゲーム自体が遊びにくい状況です。

     一方『ドラクエウォーク』は、比較的均等に回復スポットであるツボやモンスターが出現し、どの地域でも遊びやすくなっています。プレイ人数が少ないことがメリットになる場合もあり、メガモンスター討伐(いわゆるレイドバトル)は参加人数が減る分ダメージランキングで上位に入りやすく、もらえる報酬も豪華になります。「都会優遇型」と言われる『ポケモンGO』とは異なり、地方ユーザーの獲得にまずは成功した格好です。

    ◆理由その2:課金バランス

     基本プレイ無料のスマホゲームは、内容自体が面白くても、課金への誘導がうまくいかないとビジネスとしては失敗に終わってしまいます。ドワンゴが昨年11月に配信した位置情報ゲームテクテクテクテク』は、画期的なゲーム性を評価する声は多かったものの、思うように収益が上がらずわずか半年でサービス終了となりました。

    ドラクエウォーク』の場合、課金面ですでに成功しているスマホゲーム星のドラゴンクエスト』の先例があったのがプラスに働いたように思います。『ドラクエウォーク』も『星のドラゴンクエスト』も装備をガチャ(ふくびき)で引くスタイル。レア度が高い星5の武器が手に入ると戦闘が有利になるため、ついガチャに課金したくなるゲームデザインとなっています。

     そのうえで『ドラクエウォーク』は、星4の武器であってもオリジナルの『ドラクエ』と同じ要領でちくちくとレベルを上げ、じっくりボス戦に挑めば、無課金でも十分にシナリオを進められるバランス。課金面での舵取りの上手さが現在の成功の理由のひとつです。

    ◆理由その3:『ドラクエ』世代の幅広さ

     初代『ドラゴンクエスト』は今から33年前、1986年ファミコンソフトとして発売されました。当時20歳前後でプレイした人は現在50代。非常に幅広い世代が『ドラクエウォーク』の潜在的ユーザーとして存在していることになります。健康のために何か始めようと考える30代以上に響くゲーム性であることも大きいでしょう。

     現在『ドラクエウォーク』では、懐かしい「りゅうおう」がラスボスの『ドラクエIイベントが開催され、中高年の夫婦が『ドラクエ』世界に浸りながら街を歩いている様子をしばしば目にします。スマホゲームはいかにユーザーを飽きさせないか、先の展開に期待を持たせられるかが成功のカギ。今後も圧倒的なコンテンツ力を誇る『ドラクエシリーズ関連イベントが、幅広い世代のユーザーを引きつけそうです。

     モンスターの「こころ」を装備するキャラ強化、フレンドシステム、1都道府県につき4箇所の観光地でゲットできる「おみやげ」、「自宅」の家具のコレクション……と今以上にゲームプレイが深まりそうな種もあちこちにまかれています。『ドラクエウォーク』が現在の勢いをさらに加速させるのか、この先も楽しみです。

    【卯月鮎】
    ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン~なつかしゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)がある。ウェブサイトディファレンス エンジン

    ―[絶対夢中★ゲームアプリ週報]―


    『ドラクエウォーク』のストーリーの進行役となるスラミチ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『ドラクエウォーク』が成功した3つの理由。ほかのタイトルは苦戦しているのに…】の続きを読む


    【週間PVランキング】首位は『FGO』奈須きのこ氏インタビュー。PS5の続報も人気【10/5~10/11】 | ニコニコニュース



    文:ごえモン

    PS5、『ポケモン』、『ガンダム』と注目情報多めの一週間

     現在、台風による強風と豪雨が窓を叩くBGMを聞きながら原稿を書いています。本来はマチ★アソビVol.23の取材のため徳島にいる予定で、ちょうど一日かけて取材した各ステージリポートを書いているはずだったのですが……台風19号の影響によりマチ★アソビが延期となってしまいました。

     『FGO』を担当していると、なにかと台風に縁がある気がします。3周年のリアルイベントでは台風の中でライブイベントの取材をしていましたし、昨年のマチ★アソビも、帰りに乗るはずだった高速バスが台風の影響で運休となり、飛行機で帰ることになって数万円分余計にお金がかかったり。10月26日〜27日に延期となったマチ★アソビは何事もなく開催されることを祈っています。

     さて、それではファミ通ドットコムで2019年10月5日11月11日に掲載した記事の週間ページビュー(PV)ランキングTOP10を見ていきましょう。

    【第1位】
    【FGO】奈須きのこ氏インタビューで迫る過去・現在・未来。第2部完結後の構想は2パターン存在


    【画像5点】「【週間PVランキング】首位は『FGO』奈須きのこ氏インタビュー。PS5の続報も人気【10/5~10/11】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

     7月上旬に収録し、週刊ファミ通2019年8月22・29日合併号に掲載した奈須きのこ氏のインタビュー記事が首位を獲得!

     発売から2カ月後の掲載とだいぶ遅くなってしまいましたが、ページ数などの関係で週刊ファミ通に掲載仕切れなかった内容も盛り込むことができ、いろいろと話題になりました。詳しい話は後ほど。

    【2位】
    PS5、2020年の年末商戦期に発売決定!


     次世代コンソールゲーム機の名称が“プレイステーション 5”(PS5)に決まり、発売時期が2020年の年末商戦期になることを報じた速報記事が2位に。

     「ついこの前にPS4が発売されたばかりなのに、意外と発売が早いなぁ」なんて思っていたら、PS4が発売されたのは2013年なので6年も前なんですよね。最近、自分の周りの時空が歪んでいることを強く感じます。これが老化か……。

    【3位】
    【ポケモンライブカメラ】謎のポケモンなど最新情報まとめ【24時間観察】


     3位は2019年10月4日22:00より配信されたWeb番組“ポケモンライブカメラ”のリポート記事。番組の内容は11月15日発売のNintendo Switchソフトポケットモンスター ソード・シールド』の舞台、ガラル地方の奥深くにあるという“ルミナスメイズの森”の模様を24時間ライブ配信し、そこに暮らすポケモンたちを観察するというもの。

     ファミ通.comでは24時間番組を監視。大きな動きがあり次第、記事を更新しました。この記事に携わったスタッフ、本当にお疲れさま。さすがに24時間見続けるのは大変なので、こういった誰かを犠牲にみんな(読者)が楽できる記事はとてもありがたい(笑)。みんなが何かしらの事情でやらない、やれないことを代わりにやるのがメディアの価値ですから、仕方ないね

    【4位】
    PS5の気になるポイントをソニーに直撃! PS4互換は検証中。Ultra HD Blu-rayの再生&新コントローラーの詳細も


     突如発表されたPS5の続報を受けて、コントローラーPS4との互換などについてソニー・インタラクティブエンタテインメント広報に直撃した記事が4位にランクイン。気になる互換については「現在、開発チームが完全な互換が担保できるのか全力をあげて検証しております。続報をお待ちください」とのこと。

    【5位】
    ポケモン図鑑風スマホケース、10月9日よりプレミアムバンダイで受注開始!


     5位はテレビアニメシリーズポケットモンスター』内のアイテムポケモン図鑑”をモチーフにしたスマホカバーの紹介記事。価格は3980円[税込]で対応機種はiPhoneX。あくまで観賞用の商品とため、iPhoneの保護を保証するものではない点に注意です。

     惜しくもトップ5に入れなかった6位から10位までの記事は以下の通り。

    【6位】
    『機動戦士ガンダム NT』無料配信! Youtube“ガンダムチャンネル”登録者10万人記念で実施。今夜(10/6)19時より

    【7位】
    【iOS13】PS4コントローラーをiPhoneやiPadに接続して楽しむには? 対応OSを用いてデュアルショック4とAppleデバイスを接続する方法まとめ

    【8位】
    【FGO攻略】バビロニア限定ミッション達成方法まとめ。混沌の爪や貝殻の周回場所は?

    【9位】
    『ポケモン ソード・シールド』ポニータ(ガラルのすがた)の詳細が公開! 『ポケットモンスター シールド』に登場することが明らかに

    【10位】
    【ますますマンガで分かるFGO】5枚目のカレスコを入手した男主人公。どうする限界突破!?'


    まさか『月姫リメイク』の話が出るとは

     記者が気になったニュースはこちら。

    FGO奈須きのこインタビューで迫る過去・現在・未来。第2部完結後の構想は2パターン存在
    https://www.famitsu.com/news/201910/05182695.html

     インタビューの現場にいたのですが、まさか『月姫リメイク』のテストプレイを少しだけしている、という話をきけるとはまったく想像していませんでした。しかも「おっさんゲーマーほど超楽しい」……ですと?

     同人版が世に出た当時、友人から「すごいゲームが出てきたぞ!」と『月姫』を渡されてどハマりし、そのあとに『PLUS-DISC』、『歌月十夜』、『MELTY BLOOD』をプレイ。当時、同人ゲームという存在すら認識していなかったので、友人に『月姫』を借りていなかったら私はこの場にいないでしょう。今では『FGO』ばかりプレイするおじさんになったよ。Tくん、ありがとう

     インタビューでは『Fate/EXTRA』のリメイクの話題も。今からPSP版や『CCC』をプレイするのは大変なので、ぜひともリメイクしてほしいですね。10〜15年くらいは待ってます!

     ちなみに、最後の質問は完全に個人的な趣味によるもの。あの答えを奈須さんから聞いた時には、これから相対することになるキリシュタリアとデイビットに恐怖するとともに、カドアナ(カドック×アナスタシア)の尊さに涙しました。汎人類史では主人公になれなかったカドックくん。異聞帯で“運命”と出会った彼が、このあとどのように活躍するのか楽しみでなりません。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【週間PVランキング】首位は『FGO』奈須きのこ氏インタビュー。PS5の続報も人気【10/5~10/11】 |】の続きを読む

    このページのトップヘ