いまどきポケット速報

イマドキなゲームやアニメ、漫画の詳細についていろいろ語っちゃう記事だよ☆
主にポケモンのニュースを取り上げることが多いから、ポケモン好きの方は是非見入ってほしいな〜

    2020年02月


     スマートフォンゲームPokemon GO」(ポケモンGO)で2月18日、試験的なイベント「スポットライトアワー」の3回目が行われました。特定のポケモンにいつもより多く出会えるイベントのはずでしたが、今週は内容が変わりました。

    【その他の画像】

     時差の関係で日本より4時間早く始まったニュージーランドでは、単にポケモンが多めだっただけで、特定のポケモンが大量発生したわけではありませんでした。Twitterなどには当惑したり、怒ったりしたプレイヤーが大量発生。状況は日本のプレイヤーも知ることになりました。

     18日の午後5時57分、日本のポケモンGO公式アカウントが「スポットライトアワーでは、いつもよりたくさんのポケモンが野生で出現します!」とツイート。特定のポケモンを挙げなかったことで、状況が確定しました。Twitter上では「特定のポケモンではないのか……」「スポットライト当たってない」などの声が上がっています。

     スポットライトアワーは2月に始まったばかりですが、毎週のように話題になっています。1回目の2月4日は対象ポケモンだった「イワーク」の出現数が少なく、参加者から疑問の声が相次ぎました。これを重くみたのか、2月11日の2回目は「バネブー」が大量発生し、3回目への期待も高まっていました。

     方向性を見失ったように思えるスポットライトアワー。来週はどうなるのでしょうか。

    「スポットライトアワー」の様子。錦糸町周辺


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ポケモンGOの「スポットライトアワー」、内容変更に当惑するトレーナーが大量発生中!】の続きを読む


     ポケモンは、2020年2月18日Nintendo Switchポケットモンスター ソード・シールド』の世界を舞台にしたアニメ薄明の翼』(はくめいのつばさ)の第2話“修行”をポケモン公式YouTubeチャンネルで公開した。

     『薄明の翼』は、ゲームに登場する人物が多数出演する群像劇で、全7話が順次公開予定。第2話は、第1話でダンデに敗北を喫したジムリーダーサイトウ(CV:喜多村英梨)が修業に挑む物語。ワンリキーゴーリキーカイリキーたちと訪れた地で待ち受けるものとは!?



    「【ポケモン剣盾】サイトウが試練に立ち向かう! アニメ『薄明の翼』第2話“修行”が配信開始」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

    アニメ薄明の翼』 概要】

    エピソード:全7話(各話5分程度)
    配信方法:ポケモン公式YouTubeチャンネルにて配信

    スタッフ
    監督山下清悟
    脚本:木下爽
    脚本監修:岸本卓
    コンセプトアート:東みずたまり
    キャラクターデザイン小笠原
    色彩設計:広瀬いづみ
    美術監督:竹田悠介/益城貴昌
    3DCG:高橋将人
    撮影監督:小川克人
    音響監督三間雅文
    音楽:コーニッシュ
    アニメーション制作:スタジオコロリド

    ポケモン剣盾アニメ薄明の翼』第1話“手紙”が配信開始
    https://www.famitsu.com/news/202001/15190773.html




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【ポケモン剣盾】サイトウが試練に立ち向かう! アニメ『薄明の翼』第2話“修行”が配信開始】の続きを読む


     ソフトバンクは、「ソフトバンクショップ」に来店してアンケートに回答した来店者に、「Pokemon GOポケモンGO)」の「ふかそうち」1個をプレゼントするキャンペーン2月29日まで実施している。対象は、Androidスマートフォンもしくはタブレット端末ユーザーソフトバンクワイモバイル以外のユーザーも対象だ。

    画像付きの記事はこちら



     特典を受け取るには、ソフトバンクショップに来店後、ポケモンGOを起動して、ゲーム内でソフトバンクのポケストップ・ジムを訪問。右上の「お知らせ」をタップしてキャンペーンページを開いたら、「詳細を見る」から「アンケートに回答する」に進む。また、店頭のキャンペーンスターに記載されたQRコードを読み取ることでも、アンケートページアクセス可能だ。

     アンケートに回答したらショップクルーに確認画面を提示すると、プロモーションコードメールで送信される。プロモーションコードポケモンGO内で入力すると特典を受け取ることができる。

     プレゼントされる、ふかそうちは、タマゴを入れて歩くとポケモンがかえるアイテムで、3回使うと壊れる。期間中は1人1回まで応募可能。なお、各ショップごとに1日に配布可能な上限数があり、達した場合はその日の配布を終了する。

    ソフトバンクショップに来店してアンケートに回答するとポケモンGOの「ふかそうち」がもらえる


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ソフトバンク店舗でポケモンGOの「ふかそうち」を受け取る方法】の続きを読む


     ファミ通発表の売上ランキング。今回は2020年2月10日2月16日ゲームソフトハード週間推定販売数まとめをお届け。

     1位は、『初音ミク プロジェクト ディーヴァ メガミックス』が5.3万本を売り上げ、初登場1位になった。“初音ミク”が初めてNintendo Switchソフトとして発売されたが、直近のシリーズ作『初音ミク プロジェクト ディーヴァ DX』(プレイステーション42017年11月22日発売)の初週販売本数33527本と比べても、かなりの好スタートを切った。Joy-Conを手に持って遊ぶ“ミックスモード”も搭載されるなど、Nintendo Switchならではの楽しみかたも可能だ。100を超える楽曲、300以上の衣装(モジュール)を収録しており、長い期間楽しめそうだ。


    【画像1点】「【ソフト&ハード週間販売数】スイッチ『初音ミク プロジェクト ディーヴァ』が初登場1位! コロナウイルスの影響でスイッチが落ち込むもライトが3倍増【2/10~2/16】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

     そのほか新作では、『Death end re;Quest2(デス エンド リクエスト2)』がTOP10入りしている。

     新型コロナウイルス感染症の影響で出荷遅延が発表されたNintendo Switch。先週は79352台と“駆け込み需要”で週販台数を伸ばしたが、今週は16896台と大きく数字を落とした。一方、Nintendo Switch Liteは先週21609台から約3倍の63443台と大幅増。新色“コーラル”が発表されたが、任天堂は発売中の3色も含め“3月中の出荷予定台数の生産は終了している”としており、当面の売上の中心はNintendo Switch Liteへとシフトされていくことが予想される。

    ソフト推定販売本数TOP10


    1位(初登場) Switch 初音ミク プロジェクト ディーヴァ メガミックス
    53606本セガゲームス2020年2月13日発売

    2位(先週3位) Switch ポケットモンスター ソード・シールド
    24534本(累計 342万7385本)/ポケモン2019年11月15日発売

    3位(先週1位) PS4 グランブルーファンタジー ヴァーサス
    12165本(累計 98413本)/サイゲームス2020年2月6日発売

    4位(先週7位) Switch Minecraft
    11275本(累計 126万3898本)/日本マイクロソフト2018年6月21日発売

    5位(先週2位) Switch リングフィット アドベンチャー
    10238本(累計 68万6144本)/任天堂2019年10月18日発売

    6位(先週5位) Switch 東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング
    9367本(累計 15万1548本)/任天堂2019年12月27日発売

    7位(先週6位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
    9155本(累計 3561812本)/任天堂2018年12月7日発売

    8位(先週8位) Switch マリオカート8 デラックス
    8548本(累計 277万3951本)/任天堂2017年4月28日発売

    9位(初登場) PS4 Death end re;Quest2(デス エンド リクエスト2)
    7003本コンパイルハート2020年2月13日発売

    10位(先週4位) PS4 龍が如く7 光と闇の行方
    6844本(累計 23万5303本)/セガゲームス2020年1月16日発売



    ※11位より下の数値は、ゲーム販売本数ランキングページにて2020年2月20日(木)以降に公開予定です。
    ※本ランキングの推定販売本数は、パッケージソフトおよびダウンロードカード、本体プリインストール版を合算したものです。





    ハード推定販売台数

    Switch Lite63443台(累計 135万4641台)
    Switch16869台(累計 1085万558台)
    PS4/4912台(累計 730万6541台)
    PS4 Pro2920台(累計 1441081台)
    Xbox One X/22台(累計 18937台)
    Xbox One S/19台(累計 92831台)

    New 2DS LL/712台(累計 169万8053台)
    New 3DS LL/45台(累計 588万6377台)


    ゲームソフトハードとともに、集計期間は2020年2月10日2020年2月16日








    (C)SEGA / (C)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【ソフト&ハード週間販売数】スイッチ『初音ミク プロジェクト ディーヴァ』が初登場1位! コロナウイルスの影響でスイッチが落ち込むもライトが3倍増【2/10~2/16】】の続きを読む


    スマホが「より人間らしくふるまう」機能 GoogleがPixel 4向けにSoliレーダーを使ったモーション操作“Motion Sense”と新Googleアシスタントを提供開始 | ニコニコニュース



    Googleスマートフォン「Pixel 4」で、モーションセンシングレーダーSoli”を使ったモーション操作機能「Motion Sense」が2月4日から順次、国内向けに提供が開始されています。同機能はSoliの国内法での関連規定の整備が必要として、2020年春の提供開始が予告されていたもの。Google2月4日Motion SenseとPixel 4向けの新しいGoogle アシスタントについて記者説明会を開催しました。

    Soliレーダーディスプレイ上部にインカメラや顔認証IRカメラと並んで配置されています。常時電波を発信し、対象に当たって反射した電波をセンシングすることで物や動きを検知する仕組み。Pixel 4では「プレゼンス」「リーチ」「スワイプ」を認識可能になります。

    「プレゼンス」は、人の存在の認識。スマートフォンの0.6m半径に人が近づくと画面OFFの状態からロック画面を表示します。逆に、人が離れたことを認識して画面をOFFにするため、消費電力を低減できるとのこと。

    リーチ」は、スマートフォンを手に取ろうとする動きの認識。テーブルの上に置いたスマートフォンに手を伸ばすと、スマートフォンを持ち上げる前から顔認証センサーがONになり、所有者を認識すると持ち上げるのとほぼ同時にロックが解除できます。一般に、スマートフォンの顔認証は手に取ってから顔認証センサーが起動し、認証後にロックが解除されるまで待ち時間が発生することから、GoogleはPixel 4の顔認証を「世界最速の顔認証」と評しています。

    スワイプ」は、文字通りスワイプ動作を画面に触れずに認識できること。アラームが鳴っている際に画面の上で手を振るとスヌーズできたり、着信音が鳴っているときに手を振るとサイレントモードに切り替えられます。

    音楽再生中の曲送りも、スマートフォンに触れずにスワイプ動作から可能。プリインストールされたインタラクティブ壁紙では、ポケモンをなでたり手を振ったりして触れ合うこともできます。

    Googleはこうしたモーション操作について、空間的なコンテクスト(文脈)、非言語コミュニケーション、ボディランゲージといった人間らしいコミュニケーションを可能にして、スマートフォンが「より人間らしくふるまう」ための機能と定義しています。

    このために有用なセンサーレーダーであると考えてレーダーセンサーの開発を進め、小型化によりスマートフォンへの実装が可能に。センシング内容はオンデバイスで処理され、端末やクラウドに保存されない点も、消費電力やプライバシー保護の点でメリットになります。

    小さな動きも認識できるのが特徴で、例えば2本指を時計回りや反時計回りに動かすことでスマートウォッチを操作するインタフェースも検討しているとのこと。

    Pixel 4に搭載された新しいGoogle アシスタントは、クラウドによる処理とオンデバイス処理を両立するハイブリッドモデルを採用。これにより、Google アシスタントからのモバイルアプリウェブサイトの立ち上げ、端末の設定処理などがより高速化しています。起動方法も追加され、画面下方の隅から斜め上にスワイプする操作でも起動が可能になりました。Pixel 4向けの新Google アシスタントは、英語圏以外では日本で初めて実装されたもの。今後も新機能を順次追加していくとが予告されています。

    ―― 面白い未来、探求メディアガジェット通信(GetNews)』
    スマホが「より人間らしくふるまう」機能 GoogleがPixel 4向けにSoliレーダーを使ったモーション操作“Motion Sense”と新Googleアシスタントを提供開始


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スマホが「より人間らしくふるまう」機能 GoogleがPixel 4向けにSoliレーダーを使ったモーション操作“Motion Sense”と新Googleアシスタントを提供開始!】の続きを読む

    このページのトップヘ