いまどきポケット速報

イマドキなゲームやアニメ、漫画の詳細についていろいろ語っちゃう記事だよ☆
主にポケモンのニュースを取り上げることが多いから、ポケモン好きの方は是非見入ってほしいな〜

    2020年02月


    スマホが「より人間らしくふるまう」機能 GoogleがPixel 4向けにSoliレーダーを使ったモーション操作“Motion Sense”と新Googleアシスタントを提供開始 | ニコニコニュース



    Googleスマートフォン「Pixel 4」で、モーションセンシングレーダーSoli”を使ったモーション操作機能「Motion Sense」が2月4日から順次、国内向けに提供が開始されています。同機能はSoliの国内法での関連規定の整備が必要として、2020年春の提供開始が予告されていたもの。Google2月4日Motion SenseとPixel 4向けの新しいGoogle アシスタントについて記者説明会を開催しました。

    Soliレーダーディスプレイ上部にインカメラや顔認証IRカメラと並んで配置されています。常時電波を発信し、対象に当たって反射した電波をセンシングすることで物や動きを検知する仕組み。Pixel 4では「プレゼンス」「リーチ」「スワイプ」を認識可能になります。

    「プレゼンス」は、人の存在の認識。スマートフォンの0.6m半径に人が近づくと画面OFFの状態からロック画面を表示します。逆に、人が離れたことを認識して画面をOFFにするため、消費電力を低減できるとのこと。

    リーチ」は、スマートフォンを手に取ろうとする動きの認識。テーブルの上に置いたスマートフォンに手を伸ばすと、スマートフォンを持ち上げる前から顔認証センサーがONになり、所有者を認識すると持ち上げるのとほぼ同時にロックが解除できます。一般に、スマートフォンの顔認証は手に取ってから顔認証センサーが起動し、認証後にロックが解除されるまで待ち時間が発生することから、GoogleはPixel 4の顔認証を「世界最速の顔認証」と評しています。

    スワイプ」は、文字通りスワイプ動作を画面に触れずに認識できること。アラームが鳴っている際に画面の上で手を振るとスヌーズできたり、着信音が鳴っているときに手を振るとサイレントモードに切り替えられます。

    音楽再生中の曲送りも、スマートフォンに触れずにスワイプ動作から可能。プリインストールされたインタラクティブ壁紙では、ポケモンをなでたり手を振ったりして触れ合うこともできます。

    Googleはこうしたモーション操作について、空間的なコンテクスト(文脈)、非言語コミュニケーション、ボディランゲージといった人間らしいコミュニケーションを可能にして、スマートフォンが「より人間らしくふるまう」ための機能と定義しています。

    このために有用なセンサーレーダーであると考えてレーダーセンサーの開発を進め、小型化によりスマートフォンへの実装が可能に。センシング内容はオンデバイスで処理され、端末やクラウドに保存されない点も、消費電力やプライバシー保護の点でメリットになります。

    小さな動きも認識できるのが特徴で、例えば2本指を時計回りや反時計回りに動かすことでスマートウォッチを操作するインタフェースも検討しているとのこと。

    Pixel 4に搭載された新しいGoogle アシスタントは、クラウドによる処理とオンデバイス処理を両立するハイブリッドモデルを採用。これにより、Google アシスタントからのモバイルアプリウェブサイトの立ち上げ、端末の設定処理などがより高速化しています。起動方法も追加され、画面下方の隅から斜め上にスワイプする操作でも起動が可能になりました。Pixel 4向けの新Google アシスタントは、英語圏以外では日本で初めて実装されたもの。今後も新機能を順次追加していくとが予告されています。

    ―― 面白い未来、探求メディアガジェット通信(GetNews)』
    スマホが「より人間らしくふるまう」機能 GoogleがPixel 4向けにSoliレーダーを使ったモーション操作“Motion Sense”と新Googleアシスタントを提供開始


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スマホが「より人間らしくふるまう」機能 GoogleがPixel 4向けにSoliレーダーを使ったモーション操作“Motion Sense”と新Googleアシスタントを提供開始!】の続きを読む


    「ポケットモンスター ソード・シールド」最新情報! キョダイマックスした「ストリンダー」が登場 | ニコニコニュース



    株式会社ポケモンは、Nintendo Switch用「ポケットモンスター ソード」「ポケットモンスター シールド」において、キョダイマックスするポケモンストリンダー」の情報を公開した。

    【大きな画像をもっと見る】

    ポケットモンスター ソード・シールド」は、2019年11月15日(金)に世界同時発売された、ポケモンシリーズ最新作。歴代の「ポケットモンスターシリーズの基本的な設定や要素を引き継ぎながらも、ガラル地方の特定の場所でポケモンたちが巨大化する現象「ダイマックス」や、カメラを操作しながら自由に探索を楽しむことができる「ワイルドエリア」など、新たな要素が多く取り入れられている。

     

    今回公開されたポケモンは、キョダイマックスするポケモンストリンダー」。ガラル地方に生息しており、異なる2種類の姿を持つ。

     

     


    名前:ストリンダー(ハイなすがた)
    分類:パンクポケモン
    タイプ:でんき・どく
    高さ:1.6m
    重さ:40.0kg
    特性:パンクロック/プラス


    体内に取り込んだ毒素を分解し、電気をつくりだす。その際、胸部を激しく刺激するため、弦楽器のような音が発生し、エレキギターをかき鳴らしたようなメロディが流れる。また、性格はたいへんな自信家で、気が短い。人や他のポケモンと目が合うと、ケンカ腰で近づき、相手が誰であれ襲いかかる。

     

     

    名前:ストリンダー(ローなすがた)
    分類:パンクポケモン
    タイプ:でんき・どく
    高さ:1.6m
    重さ:40.0kg
    特性:パンクロック/マイナス


    胸部にある発電器官をかき鳴らして電気を生成する。その電圧は15000ボルトほどで非常に危険。発電時にはエレキベースのような音が流れる。自分の力を高く評価しており、身勝手な言動をとることが多い。人やポケモンに出会った際には、自らは襲いかかってくることはないが、相手を挑発してケンカをしむけることがある。

     

     

    名前:ストリンダーキョダイマックスのすがた)
    タイプ:でんき・どく
    高さ:24.0m~
    重さ:???.?kg
    特性:パンクロック/プラス/マイナス


    体内には雷雲のごとき電力と、100万リットルの多量の毒液を蓄えている。動くたびに全身からほとばしる毒液で敵をむしばむ。戦闘時は、蓄えられた膨大な電力を集束させた、巨大な電気のかたまりを力任せに叩きつけて攻撃する。その威力は大地に巨大なクレーターをつくるほどだ。「キョダイカンデン」と呼ばれる攻撃は、相手にダメージを与えるだけでなく、相手のポケモン全員を「どく」または「まひ」状態にさせる追加効果を持つ。

     

     


    ゲーム情報】
    ■「ポケットモンスターソード・シールドダブルパック

    発売日:2019年11月15日(金)
    販売価格:11,960円(税別)
    発売:株式会社ポケモン
    販売:任天堂株式会社
    制作:株式会社ゲームフリーク
    対応機種:Nintendo Switch
    ジャンルRPG
    プレイ人数:1人(対戦交換など2~4人)
    通信機能:ローカル通信対応、インターネット通信対応
    販売形態:パッケージ版/ダウンロード
    対応言語:日本語・英語・スペイン語フランス語ドイツ語イタリア語韓国語中国語(繁体字)・中国語簡体字
    CERO:A


    (C)2020 Pokémon.
    (C)1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK in


    >> 「ポケットモンスター ソード・シールド」最新情報! キョダイマックスした「ストリンダー」が登場 の元記事はこちら
    「ポケットモンスター ソード・シールド」最新情報! キョダイマックスした「ストリンダー」が登場


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「ポケットモンスター ソード・シールド」最新情報! キョダイマックスした「ストリンダー」が登場!】の続きを読む

    このページのトップヘ