2019年11月ゲームソフト・ハード売り上げランキング速報『ポケモン ソード・シールド』が174.7万本で月間1位に! Switchが累計販売台数1000万台突破! | ニコニコニュース



 ファミ通調べによる、2019年11月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データをお届け。

 集計期間は2019年10月28日11月24日

 ソフト部門は、Nintendo Switchソフト史上最速で100万本を突破した『ポケットモンスター ソード・シールド』が174.7万本で1位を獲得。そして2位には25.8万本で『ルイージマンション3』、3位に23.5万本で『DEATH STRANDINGデス・ストランディング)』と続いた。

 ハード部門ではNintendo SwitchおよびNintendo Switch Liteが2機種合わせて合計56.8万台となり、累計販売台数1000万台を突破した。


以下、リリースを引用


ファミ通ゲームソフトハード売上ランキング11月速報「ポケットモンスター ソード・シールド」がミリオン達成。174.7万本を売り上げ、月間ソフトランキング首位を獲得。Nintendo Switch本体が累計販売台数1000万台を突破
 ゲーム総合情報メディアファミ通」は、2019年11月国内家庭用ゲームソフトハードの売上データをまとめました。

 集計期間は2019年10月28日2019年11月24日(4週分)です。

家庭用ゲームソフト月間売上本数
【1位】
タイトルポケットモンスター ソード・シールド
ハードSwitch
メーカーポケモン
売り上げ本数:1,747,084本

【2位】
タイトルルイージマンション3
ハードSwitch
メーカー任天堂
売り上げ本数:258,919本

【3位】
タイトルDEATH STRANDINGデス・ストランディング
ハードPS4
メーカーソニー・インタラクティブエンタテインメント
売り上げ本数:235,811本

【4位】
タイトルペルソナ5 ザ・ロイヤル
ハードPS4
メーカーアトラス
売り上げ本数:232,217

【5位】
タイトルリングフィットアドベンチャー
ハードSwitch
メーカー任天堂
売り上げ本数:157,539本

家庭用ゲームハード月間売上台数
【1位】
ハードNintendo Switch
売り上げ台数:(合計)568,297台(先月1位 Nintendo Switch 269,322台)

【2位】
ハードプレイステーション4
売り上げ台数:(合計)39,315台(先月2位 プレイステーション4(合計)35,021台)


Nintendo Switchは、Nintendo Switch Liteとの合計値、プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります


家庭用ゲームソフトメーカー別売上本数
【1位】
メーカーポケモン
売り上げ本数:176.4万本

【2位】
メーカー任天堂
売り上げ本数:60.4万本

【3位】
メーカーソニー・インタラクティブエンタテインメント
売り上げ本数:32.4万本

2019年11月期の家庭用ゲーム市場について
 11月期の月間ソフトランキング首位となったのは、174.7万本を売り上げた「ポケットモンスター ソード・シールド」(ポケモン2019年11月15日発売/Switch)です。

 同ソフトNintendo Switch向けソフトとしては歴代1位の初速で、2019年初のミリオンタイトル達成となりました。

 そのほかのタイトルでは、「ルイージマンション3」(任天堂2019年10月31日発売/Switch)が25.9万本を販売し月間2位となりました。

 続く3位は「DEATH STRANDINGデス・ストランディング)」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント2019年11月8日発売/PS4)、4位には「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」(アトラス2019年10月31日発売/PS4)がランクインし、新作が上位を占める結果となりました。

 前月期首位の「リングフィットアドベンチャー」(任天堂2019年10月18日発売/Switch)は15.8万本を売り上げ、5位にランクイン。

 好調で品薄の状況もありましたが、前月期の13.3万本より販売本数も多く、年末年始の動きが注目されます。

 ハード市場では、Nintendo Switch本体が29.2万台、Nintendo Switch Liteが27.6万台と、2機種合計で56.8万台を売り上げ、発売から約33ヵ月で1000万台突破となりました。

 2019年12月期は「新サクラ大戦」(セガゲームス2019年12月12日発売予定/PS4)や、「東北大学 加齢医学研究所 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング」(任天堂2019年12月27日発売予定/Switch)などが発売予定となっています。

 11月期の好調の波を受け、クリスマスから新年に向けての年末商戦で、ゲーム市場の活性化が期待されます。

ファミ通調べ>


(注)ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトデータは、すべての種類を合計した数字となります。(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)


株式会社KADOKAWA Game Linkageについて
 株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWA100%子会社です。

 『ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。

 そのほかイベント企画やeスポーツマネジメントなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。

 ゲームユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。

「株式会社KADOKAWA Game Linkage」公式サイト


「2019年11月ゲームソフト・ハード売り上げランキング速報『ポケモン ソード・シールド』が174.7万本で月間1位に! Switchが累計販売台数1000万台突破!」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)



(出典 news.nicovideo.jp)