ポケモン最新作、“プレイするSF映画”…とことん遊べる最新家庭用ゲーム4選 | ニコニコニュース



 2019年も終わり、2020年が始まりました。みなさん、お正月休みは何をして過ごしていますか? こんにちは、ゲームコラムニストの卯月鮎です。

ゲーム
イメージです
 私は寒さに弱いこともあって、年末年始はミカンとおでんおせちを食べながら、家でまったりゲーム三昧が定番です。前回の記事「スマホ編」に続いて「とことん遊び込める最新ゲーム家庭用ゲーム機編」と題して、冬発売のソフトを中心に4本を厳選してご紹介。思う存分、ゲーム世界を旅しましょう!

1:ポケットモンスター ソード/シールド

Nintendo Switch ポケモン 5980円+税

ポケモン
※画像は公式サイトより
 今冬の目玉だっただけに賛否両論いろいろな意見が出ている『ポケモン ソード/シールド』ですが、やはり「ポケモン」の新作は遊んでおきたいですよね。今回は3DSの「サン/ムーン」から3年ぶりとなる本編最新作で第8作目に当たります。

 舞台はイギリスモデルガラル地方主人公は、ポケモンバトルが一番人気のエンターテインメントとして親しまれているこの地方を旅して、憧れのチャンピオンを目指します。ポケモンたちが巨大化する「ダイマックス」での大迫力バトル、野生のダイマックスポケモンに4人のトレーナーで協力して挑む「マックスレイドバトル」などが新要素。

 ウェルシュコーギーを思わせる新ポケモンワンパチが、そのキュートな外見と「イヌヌワン!」というちょっとマヌケな鳴き声で、SNSでも「かわいい」と話題になっています。ほかにも新ポケモン多数! 好みのポケモンをぜひ見つけてください。

2:Death Stranding(デス・ストランディング)

PS4 SIE 通常版6900円(+税)



デス・ストランディング』は、ゲーム世界に没入したい人にもってこいのオリジナル大作。「メタルギア ソリッドシリーズで知られる小島秀夫監督が独立して手がけた初作品で、まさに“プレイするSF映画”のような深みのあるシナリオが味わえます。

 舞台は「デス・ストランディング」という謎の現象によって“分断”されたアメリカ。「伝説の配達人」サム・ポーター・ブリッジズは、孤立し動くことができなくなった人々のために幽霊のような存在「BT」が出現するフィールドを横断し、荷物を届けていきます。

「開拓者になれるゲーム」「万人受けしないかもしれないけどムービーセンスすごい」「噛めば噛むほど味が出るスルメゲー」など感想もさまざま。普通のゲームとは一線を画した、攻めた作品であることは間違いありません。

3:十三機兵防衛圏

PS4 アトラス 8980円+税

十三機兵防衛圏
※画像は公式サイトより
 大作や話題作よりも、少しマニアックタイトルを遊び込みたいという人はこの『十三機兵防衛圏』。人気シリーズの続編ではないため知名度は低いですが、世界観と繊細なグラフィックが口コミで話題になっています。開発は『オーディンスフィア』など、ファンタジーアクションRPGで海外でも知られるヴァニラウェア

 メインの舞台となるのは80年代の日本。突然機械型の未確認物体「怪獣」が襲来した街で、13人の少年少女が巨大ロボット「機兵」に乗り込み、人類の存亡を賭けた戦いに身を投じます。

「機兵」を駆使して「怪獣」に立ち向かうタワーディフェンス系のバトルパート、それぞれ訳ありの13人のエピソードを追っていき、真相を明らかにするアドベンチャーパート、用語集で世界観を把握するアーカイブパートの3パートで構成されています。タイムトラベルループの仕掛けも効いていて、考察好きには遊びがいのあるタイトルです。

4:リングフィット アドベンチャー

Nintendo Switch 任天堂 7980円+税

リングフィットアドベンチャー
※画像は公式サイトより
2020年には新しい自分になりたい!」と決意した人には、この『リングフィット アドベンチャー』がピッタリ! 10月18日の発売当初は静かな立ち上がりでしたが、ツイッターを中心に口コミで評判が広がり、今では品切れ&品薄状態が続いています。

 腕の動きを認識する輪っか状の「リングコン」を持って、太ももに「レッグバンド」を装着してプレイします。メインとなる「アドベンチャーモードは、体を動かしてゲームを進めるRPG。移動は足踏みで行い、戦闘では「スクワット」などフィットネスメニューをこなして敵にダメージを与えていきます(マンションなどで足音が気になる場合は、屈伸で移動するサイレントモードもあり)。

ゲームだから飽きずに筋トレできた」「いい運動になる」と好評で、年明け以降も順調に売上を伸ばしそう。家でゴロゴロしすぎてお正月太りが心配という人も、『リングフィット アドベンチャー』があれば楽しくフィットネスできますよ!

TEXT/卯月鮎>

【卯月 鮎】

ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコンなつかゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)がある。ウェブサイト「ディファレンス エンジン

※画像は公式サイトより


(出典 news.nicovideo.jp)