ファミ通発表の売上ランキング。今回は2020年2月10日2月16日ゲームソフトハード週間推定販売数まとめをお届け。

 1位は、『初音ミク プロジェクト ディーヴァ メガミックス』が5.3万本を売り上げ、初登場1位になった。“初音ミク”が初めてNintendo Switchソフトとして発売されたが、直近のシリーズ作『初音ミク プロジェクト ディーヴァ DX』(プレイステーション42017年11月22日発売)の初週販売本数33527本と比べても、かなりの好スタートを切った。Joy-Conを手に持って遊ぶ“ミックスモード”も搭載されるなど、Nintendo Switchならではの楽しみかたも可能だ。100を超える楽曲、300以上の衣装(モジュール)を収録しており、長い期間楽しめそうだ。


【画像1点】「【ソフト&ハード週間販売数】スイッチ『初音ミク プロジェクト ディーヴァ』が初登場1位! コロナウイルスの影響でスイッチが落ち込むもライトが3倍増【2/10~2/16】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 そのほか新作では、『Death end re;Quest2(デス エンド リクエスト2)』がTOP10入りしている。

 新型コロナウイルス感染症の影響で出荷遅延が発表されたNintendo Switch。先週は79352台と“駆け込み需要”で週販台数を伸ばしたが、今週は16896台と大きく数字を落とした。一方、Nintendo Switch Liteは先週21609台から約3倍の63443台と大幅増。新色“コーラル”が発表されたが、任天堂は発売中の3色も含め“3月中の出荷予定台数の生産は終了している”としており、当面の売上の中心はNintendo Switch Liteへとシフトされていくことが予想される。

ソフト推定販売本数TOP10


1位(初登場) Switch 初音ミク プロジェクト ディーヴァ メガミックス
53606本セガゲームス2020年2月13日発売

2位(先週3位) Switch ポケットモンスター ソード・シールド
24534本(累計 342万7385本)/ポケモン2019年11月15日発売

3位(先週1位) PS4 グランブルーファンタジー ヴァーサス
12165本(累計 98413本)/サイゲームス2020年2月6日発売

4位(先週7位) Switch Minecraft
11275本(累計 126万3898本)/日本マイクロソフト2018年6月21日発売

5位(先週2位) Switch リングフィット アドベンチャー
10238本(累計 68万6144本)/任天堂2019年10月18日発売

6位(先週5位) Switch 東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング
9367本(累計 15万1548本)/任天堂2019年12月27日発売

7位(先週6位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
9155本(累計 3561812本)/任天堂2018年12月7日発売

8位(先週8位) Switch マリオカート8 デラックス
8548本(累計 277万3951本)/任天堂2017年4月28日発売

9位(初登場) PS4 Death end re;Quest2(デス エンド リクエスト2)
7003本コンパイルハート2020年2月13日発売

10位(先週4位) PS4 龍が如く7 光と闇の行方
6844本(累計 23万5303本)/セガゲームス2020年1月16日発売



※11位より下の数値は、ゲーム販売本数ランキングページにて2020年2月20日(木)以降に公開予定です。
※本ランキングの推定販売本数は、パッケージソフトおよびダウンロードカード、本体プリインストール版を合算したものです。





ハード推定販売台数

Switch Lite63443台(累計 135万4641台)
Switch16869台(累計 1085万558台)
PS4/4912台(累計 730万6541台)
PS4 Pro2920台(累計 1441081台)
Xbox One X/22台(累計 18937台)
Xbox One S/19台(累計 92831台)

New 2DS LL/712台(累計 169万8053台)
New 3DS LL/45台(累計 588万6377台)


ゲームソフトハードとともに、集計期間は2020年2月10日2020年2月16日








(C)SEGA / (C)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>