いまどきポケット速報

イマドキなゲームやアニメ、漫画の詳細についていろいろ語っちゃう記事だよ☆
主にポケモンのニュースを取り上げることが多いから、ポケモン好きの方は是非見入ってほしいな〜

    カテゴリ: イベント


    『鬼滅の刃』鬼殺隊になりきって踊ってみた! ハンパない人数+ハイクオリティなコスプレに「このメンツで舞台化希望」の声 | ニコニコニュース



     今回紹介したいのは、GRL projectさんが投稿した『【鬼滅の刃】唯一、愛ノ詠【踊ってみた】』という動画です。

    投稿者メッセージ動画説明文より)

    鬼殺隊お遊戯


     『鬼滅の刃』の鬼殺隊が楽曲『唯一、愛ノ詠』を踊ります。

     我妻 善逸、嘴平 伊之助。

     真ん中には竈門 炭治郎。3人に「待ってました!」の声援が飛んでいます。

     禰豆子が振り返ると、鬼殺隊の面々がザッと現れました!

     『鬼滅の刃』のキャラが踊っているという衝撃。

     コメント欄ではキャラへの声援とともに踊り手さんへの称賛の声が。

     炭治郎たちがはけると、柱たちが現れました。歩くだけでカッコイイ……!

     柱の登場にコメント欄は一層盛り上がります。煉獄さんが羽織をファサッとする動き、らしくて素敵です。

     柱ならではの存在感があります。

     作品世界を表現した表情、力強い動き。

     女性キャラ美しい動きにも魅せられてしまいます。

     鬼殺隊らしい、戦いを感じる振り付けも素晴らしいです。

     素敵な「踊ってみた」に、最後は画面を覆いつくさんばかりの拍手が流れました。

     今回は動画前半をご紹介しましたが、『千本桜』に合わせて一人ひとりをクローズアップしている動画後半もまた違った魅力があります。興味を持たれた方は、ぜひ動画にてご覧ください。また、踊り手さんについては動画の説明文にお一人お一人のお名前がありますので、そちらで確認することができます。

    視聴者コメント

    ダンスの一体感の精度がすげぇ…
    ・これが、2.5次元…すげえええええええええええええ
    ・毎日見ないと気が済まない
    ・完成度スゲーなオイ
    ・推しが、眩しいです
    ・目が足りないっ!!!!
    ・これで舞台化出来るな

    ▼動画はこちらから視聴できます

    【鬼滅の刃】唯一、愛ノ詠【踊ってみた】

    ―あわせて読みたい―

    “いらすとや風”の炭治郎、禰豆子、初音ミクたちがキレッキレに踊る! 『鬼滅の刃』のOP曲『紅蓮華』をVOCALOID&UTAUでカバーしてみた

    『鬼滅の刃』OPを“ポケモンの名前だけ”で歌ってみた! 手描きアニメで活躍するポケモンたちの姿も必見!



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『鬼滅の刃』鬼殺隊になりきって踊ってみた! ハンパない人数+ハイクオリティなコスプレに「このメンツで舞台化希望」の声 | ニコニコニュース】の続きを読む


    熊本県PRマスコットキャラクターくまモン7月22日、公式Twitterで「ルフィ像」と並ぶ記念写真を投稿したところ、そのなかに麦わら帽を被ったピカチュウが映り込んでいた。まさかのレアショットにフォロワーも「スゴい取り合わせ」と驚きを隠せない様子だ。

    なにしろ『ONE PIECE(ワンピース)』主人公モンキー・D・ルフィと、ポケットモンスターシリーズを象徴するキャラクターアニメポケモン』では主人公パートナーとして活躍するピカチュウ、そして「ゆるキャラグランプリ2011」王者でもあるくまモンという、世界的に人気のある3キャラクターが揃うことは珍しい。

    くまモンの投稿には「くまモンルフィピカチュウすご~い」、「すんげえコラボだなぁ」、「ルフィ像格好良くて、素敵だね。それからピカチュウルフィの帽子を被っているのがとっても似合っていて、もの凄く可愛いよねぇ~イイ!!」などの感想が寄せられている。

    ONE PIECE』の作者である漫画家・尾田栄一郎さん熊本県熊本市出身の縁で熊本地震による被災地の復興に協力して始まった「ONE PIECE 熊本復興プロジェクト」に、このたび『Pokémon GO』も協力することとなった。

    7月22日に「赤いリボン麦わら帽子をかぶったピカチュウ」が出現して「ルフィ像」と並ぶくまモンに「ピカチュウ」が加わったというわけだ。

    折しも1997年7月22日に『ONE PIECE』の連載が始まったことから「ワンピースの日」とされるこの日、検定「第1回全国一斉『ONE PIECE』ナレッジキング決定戦」の開催決定が発表されており、その人気は留まるところを知らないようだ。

    また『Pokémon GO』も日本でのサービス開始から3周年を迎える記念の日である。ハリウッド版実写映画『名探偵ピカチュウ』ヒット神奈川・横浜みなとみらい8月6日から12日まで「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」を開催とピカチュウも相変わらず人気が高い。

    そして「ONE PIECE 熊本復興プロジェクト」による「ルフィ像」を含む「麦わらの一味」の9人の像が7月22日13時~7月29日13時までポケストップとして『Pokémon GO』に登場する。これを記念して全世界で「赤いリボン麦わら帽子をかぶったピカチュウ」が期間限定で出現、着せ替えアイテムに「赤いリボン麦わら帽子」が追加されるというから見逃せない。

    画像は『くまモン【公式】 2019年7月22日Twitterルフィ像の周りが騒がしいから、ボクも早速行ってきたモン!」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『ワンピース』『ポケモン』くまモン 驚きの3ショット!】の続きを読む


     2019年夏に配信予定のiOS/Android向けスマホアプリポケモンマスターズ』。本作は、『ポケットモンスターシリーズに登場するポケモントレーナーが集結するという、夢のようなタイトルだ。そんな本作のメディア向け体験会が実施された。そのなかで、気になったことをプロデューサーDeNA佐々木悠氏に直撃インタビュー! ファミ通独占の本インタビューでは、世界観やバディーズの話を中心に伺った。

     なお、バトルシステムの詳細などについてのインタビューファミ通Appにて掲載中だ。



    【画像7点】「『ポケモンマスターズ』の世界観は? 登場するバディーズは? ここでしか聞けない、プロデューサー独占インタビュー!」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

    プロデューサー佐々木悠氏インタビュー





    ――本作はゲームフリーク杉森建氏による発案とのことですが、現在の形に至るまでの経緯を改めて教えてください。



    佐々木始めに、杉森さんより、「歴代の『ポケットモンスターシリーズに登場したポケモントレーナーが活躍するゲームが作れたら“ポケモン”というコンテンツの幅を広げられるのでは」というご提案があり、本作のプロジェクトスタートしました。キービジュアルも杉森さんに描き下ろしていただいております。






    ――本作が発表された際、ファンの方の反応はいかがでしたか?



    佐々木本作の映像を初めて公開した際に、「こういうのを待っていた」というお声を多数いただきました。ポケモントレーナーフォーカスするというコンセプトは、数ある『ポケモンタイトルの中でも新しい観点の作品でもあるので、喜んでいただけたのかなと。



    ――多くのポケモンファンから、驚きの声や喜びの声があったように思います。



    佐々木そうですね、改めて『ポケットモンスターシリーズの歴史の長さやブランドの偉大さを痛感しました。それとともに、皆さんの大きな期待にお応えできるほどのプロダクトをしっかりと準備しなければいけないと、身が引き締まる思いでした。なお、現在公開している情報は、ほんの一部分です。『ポケットモンスターファンの皆さまへ、すべてを受け入れてもらえるように今後も開発を進めていきたいと思っています。



    ――ファンの期待に添える作品を目指していると。そんな本作はどのような物語に?



    佐々木主人公は、ワールドポケモンマスターズ(以下、WPM)というポケモンバトルの大会での優勝を目指し、冒険をすることになります。そのために、まずは仲間となる“バディーズ”を集め、仲間とともに、バッジを持つWPMリーダーとのバトルに挑みます。これに勝利すると獲得できるバッジを5個集めることで、WPMの本戦に進めるのです。



    ――『ポケットモンスターシリーズとは異なる物語があるのですね。ちなみに、佐々木さんが考える、本作の魅力についてお聞かせください。



    佐々木まず、歴代の『ポケットモンスターシリーズ作品に登場した、数々のポケモントレーナーたちがその相棒となるポケモンとともに登場する点ですね。そして、もうひとつの大きな魅力が、好きなバディーズどうしでチームを組んで戦う、3対3のリアルタイムバトルだと考えています。






    ――バトルはなぜ3対3のリアルタイムバトルを採用したのでしょうか。



    佐々木いろいろな種類のバディーズを使って楽しんでもらいたいというのが、3対3のバトルにした理由のひとつですね。また、ポケモンバトルが持つ戦略的な側面に少しでも触れてもらいたいと思っています。



    ――なるほど。バディーズがひとつの肝になるわけですね。



    佐々木そしてリアルタイムバトルについてですが、これはスマートフォン向けのアプリゲームとして最適化した結果になります。ポケモンバトルの戦略性はできる限り残しつつも、プラットフォームのユーザー層に合わせて、気軽に楽しめるものにしたいと考えました。一手一手を熟考するよりは、その場で好きなように技を選んでもらえるような気軽さを重視し、リアルタイムバトルという形式を採用しています。



    ――『ポケットモンスターシリーズバトルの魅力は残しつつも、新たなバトルが楽しめそうです。冒険の目的はWPMでの優勝とのことでしたが、優勝後にも遊び要素はあるのでしょうか。



    佐々木じつは、本作のリリース時点では18章までの物語を楽しんでいただける予定ですが、その時点ではまだ、WPM本選の途中までになっています。その後、徐々にWPM決勝戦に向けてのストーリーを展開していく予定です。まずはその道のりをじっくりと楽しんでいただきたいです。ただ、ほかのプレイヤーとの協力バトルなど、やりこみ要素は実装予定ですので、お楽しみにしていただければと。



    ――ストーリーのほかにも、楽しめる要素があるんですね。また、バディーズが魅力的に描かれている本作ですが、グラフィック表現について教えてください。



    佐々木グラフィックについては、とくにこだわりを持って作っています。トレーナーたちはすべて、オリジナルの3Dモデルです。おもに『ポケットモンスターシリーズトレーナーの2Dイラストベースにして作っているのですが、20年以上の歴史がある作品ですので、時の流れとともにイラストタッチも変化しています。ポケモンさんと密にコミュニケーションを取りながら、当時のテイストを失わないように、かつ最新のタッチとも統一できるよう、細心の注意を払いながら3Dモデルに落とし込んでいます。






    ――トレーナーの目の描写など、細かいところまでこだわっていると感じました。さまざまな『ポケットモンスターシリーズトレーナーが登場しますが、時系列などの設定は?



    佐々木そのあたりについては、ぜひ実際にプレイして、確かめていただければと思います。



    ――興味深いですね……! 各地方のトレーナーたちが、本作の舞台となる人工島“パシオ”に集まるわけですが、彼らがWPM出場を目指す理由付けはなされているのでしょうか。



    佐々木はい、もちろんです。一部、“バディーズエピソード”という、各バディーズに用意しているオリジナルストーリーにて、何を思ってWPMに出場しているのか、その理由が語られるトレーナーもいます。



    ――たくさんのトレーナーたちが登場するので、チームの組み合わせも多彩ですよね。組み合わせによってストーリー中の会話に変化も?



    佐々木いえ、リリース当時は、メインストーリーの会話がチームの組み合わせによって分岐することはありません。



    ――バトルの戦略性については、チームの組み合わせ次第で幅が出そうですね。



    佐々木そうですね、リリース時には65組のバディーズがいるのでがいるので、その組み合わせの数だけ戦略が存在します。大きな軸はふたつありまして、ひとつはポケモンバトルの醍醐味のひとつであるポケモンの弱点。そしてもうひとつは、本作独自の要素である“ロール”です。



    ――ロール、つまりバディーズごとの役割がカギになると?



    佐々木ええ。バディーズはそれぞれアタッカー(攻撃役)、サポート(味方の能力を上げる)、テクニカル(相手を状態異常にする・相手の能力を下げる)というロールに分けられています。アタッカーを3組並べて力押しすることもできますし、テクニカルで相手の能力を下げつつ、サポートで味方のアタッカーの能力を上げ、アタッカーが強力な全体攻撃を行うなど、組み合わせによってさまざまな戦術が生まれます。



    ――ちなみに、わざマシンのようなどうぐを使ってバディーズのわざをカスタマイズできたりは……?



    佐々木いえ、本作では、バディーズごとに決まった4つのわざ(バディーズわざを含めて5つ)を成長度合いに応じて段階的に覚えますので、わざのカスタマイズはできません。『ポケットモンスターシリーズでは、同じポケモンでも育てかた次第で違った能力を持つことができますが、本作ではおなじバディーズであれば必ずおなじ能力・わざを持つことになります。そのぶん、バディーズの組み合わせによってカスタマイズを行ってもらえればと。



    ――バディーズの組み合わせ、ということについて、公開されているPVでは、博士どうしや、ライバルどうしを組み合わせたり、ルザミーネグラジオリーリエのように家族で組み合わせたりといった演出がなされていました。これらの組み合わせは実際に実現できますか?



    佐々木はい、実現できます。ただ、PVで出ている全てのバディーズがリリース時に登場するわけではありません。また、ストーリーの中では、今後もさまざまなバディーズの組み合わせを実現させる予定でして、誰もが想像するような王道のものだけでなく、すこし意外な組み合わせも作りたいと思っています(笑)






    ――そちらも大きな注目ポイントですね! 現在開発中の端末をプレイさせていただいた時に、これまでに情報が公開されていた、イワークを相棒としたタケシだけでなく、バンギラスを連れたタケシが存在することが確認できました。また、ポケモンだけでなく衣装も異なっていましたが、こうしたバージョン違いのトレーナーはほかにも?



    佐々木それは“マジコス”という特殊なコスチュームを着たトレーナーで、本作の特徴のひとつとなっています。通常の服装のときとは違うポケモンを相棒にしておりまして、こうしたバディーズはタケシのほかにも複数存在しています。



    ――どのバディーズのマジコスがあるのかも楽しみです。そういえばマジコスを着たタケシは、バンギラスを連れていますよね。



    佐々木マジコバージョンのバディーズについても、大前提として『ポケットモンスターシリーズで、手持ちに入れていたことのあるポケモンを連れている、という設定です。タケシマジコスの場合は、手持ちの中でも、『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』で登場したバンギラスが、とくに強力なポケモンというイメージがあるので相棒としました。






    ――なるほどマジコスによっても、新たな楽しみの幅が広がりそうです。数々のバディーズが登場すると思いますが、本作に登場する選定基準は?



    佐々木まずは、どの『ポケットモンスターシリーズを遊んでいた方でも楽しめるように、いろいろな作品から満遍なく登場させるようにしている点、そして、ストーリーの展開上、活躍を見込めるかどうかも重要視しています。ジムリーダー四天王などのほかにも、ロケット団を始めとするいわゆる“敵役”のトレーナーも登場予定で、幅広いファンの方に楽しんでいただけると思います。運営を長く続けていく中で、さらに数多くのトレーナーにスポットライトを当てたいと思っていますので、長い目で見ていただけるとうれしいです。



    ――リリース時点で、お気に入りのバディーズが登場せずとも、今後のアップデートで登場する可能性もあるのですね。そんなバディーズたちを仲間にする方法についてもお聞きしたいです。



    佐々木ストーリーの中で仲間になったり、ほかにもいくつかの方法を用意しています。そして、“バディーズサーチ”といって、ゲーム内の“ダイヤ”を消費することで、ランダムでバディーズを仲間にすることも可能です。ダイヤプレイ中の報酬として入手できるほか、有償で購入することも可能です。



    ――ダイヤストーリーを進めても手に入るのですね。有償のダイヤで“バディーズサーチ”をせずとも楽しめるバランスに?



    佐々木そのように心掛けています。先述のように、ストーリーを進めることにより、仲間になるバディーズもたくさんいますし、本作では星の数が★5まであるのですが(リリース時点)、すべてのバディーズの星の数を★5にすることもできますので、仲間になったバディーズを、ずっと使い続けることも可能です。『ポケットモンスターシリーズは、世界中で幅広い年代に愛されている作品です。どのような世代の方でも、すべてのポケモンファンが安心して長いあいだ楽しんでいただける設計になるよう、十分考慮して開発を行っています。



    ――『ポケットモンスターシリーズブランドを重きに置かれていると。ちなみにBGMに関して、『ポケットモンスターシリーズアレンジや、バディーズによって専用BGMがあったりも……?



    佐々木はい、専用BGMも用意しています。そのバディーズが登場していたタイトルの曲のエッセンスを加えたものや、いわゆる『ポケットモンスターシリーズテーマ曲のアレンジなども入っています。『ポケットモンスターシリーズタイトルで楽曲を制作・アレンジされている、耳でも楽しめる作品になっていると思います。本当にカッコいい曲があるので、ぜひ聞いてみてください。



    ――それはとても楽しみです! リリース後はどれくらいの頻度でアップデートを行う予定なのでしょうか。



    佐々木現状の予定では、目安として月に1度は新しい要素を提供できるようにしたいと考えています。



    ――最後に、リリースを楽しみにしているファンの方にメッセージをお願いします。



    佐々木ポケットモンスターシリーズに登場した歴代のトレーナーたちとポケモンが数多く登場する作品を作っています。全世界のすべてのポケモンファンの皆さんに楽しんでいただけるよう、誠心誠意、開発に励んでおりますので、もう少々お待ちください。そして、リリースされた際には存分に遊びつくしていただけますと幸いです。ぜひ、よろしくお願いします!






    (C) 2019 DeNA Co., Ltd. (C) 2019 Pokémon. (C) 1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. ポケットモンスターポケモンPokémon任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です 。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『ポケモンマスターズ』の世界観は? ここでしか聞けない独占インタビュー!】の続きを読む


    楽しすぎる!「トイ・ストーリー4」OH MY CAFÉに行ってみた〈写真20点〉



    7月12日に公開され、メガヒット中である『トイ・ストーリー4』の世界観を、“食”と“空間”で楽しめる「トイ・ストーリー4」OH MY CAFÉが明日7月20日(土)より東京、大阪、名古屋で、7月21日(日)より北海道にて、期間限定オープンする。7月19日に開催された内覧会に潜入し、ひと足先にその魅力をお届け!

    一歩入れば、『トイ・ストーリー4』の世界へ

    まず、来店特典であるオリジナル入場バンドをつけて入場。一歩足を踏み入れると、あちこちに『トイ・ストーリー4』の人気キャラクターが出現し、思わず目移りしてしまいそう。カラフルな移動遊園地コンセプトにした心躍るカフェ空間に身を置くと、一気に映画の世界に入り込んだ気分になれる。

    そしてお楽しみは、人気キャラクターがあしらわれたオリジナルメニューの数々。フード注文特典では、ウッディの服の絵柄入りの特製ペーパーエプロンがもらえる。

    たとえばウッディ&ボー・ピープの「運命の再開プレート」(1890円)は、ウッディとボー・ピープの衣装をイメージしたチキンサンドウィッチとビシソワーズのセットとなっていて、なんとボーの羊たちが隠れていてとっても愉快。また、本作のイチ押しキャラフォーキーの「ボクはおもちゃじゃないタコライスプレート」(1690円)は、タコスカップに埋もれたフォーキーがとってもおちゃめ。

    デューク・カブーンの「空高く!スタントバーガー」(1890円)は、ボリュームたっぷりの野菜が入ったチキンバーガーとなっている。バズとダッキー&バニーの「夜のカーニバル・パスタ」(1790円)は色とりどりの野菜がきれいな大豆ミートパスタとなっている。

    ジェシーの「ざくろウォーター」や、バターカップの「ヨーグルトスムージーマンゴー風味」、スリンキーの「ヨーグルトスムージーオレンジ風味」は、ドリンク単体だと890円だが、断然コースター付きの1790円セットがおすすめ。また、ダッキー&バニーの「ひんやりクラッシュマンゴー」(1390円)は、ミルクセーキマンゴーローズンのドリンクセットで、 一緒に混ぜてもおいしいという 1 回で 2 度楽しめるドリンクとなっている。

    オリジナルメニューを堪能したあとは、『トイ・ストーリー4』のアートを使用した限定グッズチェック。ここでしか手に入らないキーホルダーや缶バッチなどは、お土産にも最適だ。ぜひ映画を観た方も、これから観るという方も、「トイ・ストーリー4」OH MY CAFÉへ行って、より深くその世界観を味わってみては。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

    「トイ・ストーリー4」OH MY CAFÉがオープン!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「トイ・ストーリー4」の移動カフェが話題沸騰!】の続きを読む


    「ピカチュウ大量発生チュウ!」追加情報発表



     


     横浜市株式会社ポケモンの協力協定による街型イベントピカチュウ大量発生チュウ!」の開催について、令和元年5月15 日にお知らせしましたが、このたび、イベントの追加情報がまとまりましたのでご案内します。


    【全体概要】
    タイトルピカチュウ大量発生チュウ!2019
    期 間:8月6日(火)~12 日(月・振休)
    (※一部イベント7月6日から順次スタート
    場 所:みなとみらい地区
    主 催:株式会社ポケモン横浜市 



    1 街に!海に!森に!みなとみらいの様々なエリアピカチュウたちが大量発生

     みなとみらい美しい夜景とテクノロジーを生かしたピカチュウたちのパフォーマンスを、毎夜開催します。 
    過去最大級となる延べ2,000 匹以上のピカチュウたちが、今年もみなとみらい地区に登場し、横浜を盛り上げま
    す。


    (1)みなとみらいの街×ピカチュウ

    ※イメージ
     横浜美術館全体を背景に、LED 衣装を身にまとったピカチュウたちが、プロジェクションマッピングと連動した光のパフォーマンスを行います。


    ・日時:8月6日(火)~12 日(月・振休)

     1.19 時10 分~、2.20 時35 分~
     ※ただし、8月9日(金)、8月10 日(土)は
      20時35分~のみ。
    ・会場:グランモール公園(横浜美術館前)


    (2)みなとみらいの海×ピカチュウ

    ※イメージ

     横浜ベイブリッジや横浜港を背景に、ピカチュウたちと、空へ舞い上がる噴水が織りなす幻想的なパフォーマンスを行います。

    ・日時:8月6日(火)~12 日(月・振休)
     1.18 時55 分~、2.19 時50 分~、3.20 時45 分~
    ・会場:赤レンガパーク




    (3)みなとみらいの森×ピカチュウ

    ※イメージ

     みなとみらいの緑地の奥に輝くビルの夜景を背景に、史上最大数となる50 匹のピカチュウによる圧巻のパフォーマンスを行います。


    ・日時:8月6日(火)~12 日(月・振休)
     1.18 時55 分~、2.19 時50 分~、3.20 時45 分~
    ・会場:臨港パーク





    リズムに合わせて、ピカチュウイーブイたちが、かわいく大行進!
     キュートピカチュウイーブイたちがリズムに合わせて大行進します。

    (1)ピカチュウの大行進

    ※昨年の様子


    ・日時:8月6日(火)~12 日(月・振休)
     1.18 時55 分~、2.19 時50 分~、3.20 時45 分~
    ・会場:日本丸メモリアルパーク





    (2)イーブイの大行進

    ※昨年の様子


    ・日時:8月6日(火)~12 日(月・振休)
     1.18 時55 分~、2.19 時50 分~、3.20 時45 分~
    ・会場:クイーンズスクエア横浜、クイーンモール







    3 POKÉGENIC(ポケジェニック

    ※イメージ

     みなとみらいの街のあちらこちらに、様々なポケモンのフォトジェニックな装飾を施します。探して、写真を撮ってお楽しみください。

    ・期間:8月6日(火)~12 日(月・振休)
    ・場所:日本丸メモリアルパークMARK IS みなとみ
        らい、ナビオス横浜など
     ※写真撮影の際は、十分周囲にお気を付けください。



    4 施設や企業とのタイアップイベント

    (1)『ポケットモンスター ソード・シールドデジタルスタンプラリー
     みなとみらいの街で、デジタルスタンプラリーを実施します。
     9か所のラリーポイントをめぐって、『ポケットモンスター ソード・シールド』に登場する新しいポケモンスタンプを3つ以上集めると「オリジナル壁紙」が、9つのスタンプをすべて集めると、「ポケモンセンターオリジナルグッズ詰め合わせセット」を抽選で10 名様にプレゼントします。

    ・期間:8月6日(火)~12 日(月・振休)
    ※本サービス内容に関する詳細は下記サイトをご覧ください。
     https://www.pokemon.co.jp/info/2019/07/190719_e01.html


    (2)ピカチュウなりきりサービスチュウ!

     ピカチュウになりきって、みなとみらいに来ると、下記参加施設でお得なサービス特典が受けられます。


    ・期間:8月6日(火)~12 日(月・振休)
    ・参加施設:コレットマーレ、CIAL 桜木町、ナビオス横浜、
          MARK IS みなとみらい、横浜みなとみらい万葉
          倶楽部、横浜ワールドポーターズ、ランドマーク
          プラザ(五十音順)
    ※本サービス内容に関する詳細は下記サイトをご覧ください。
     https://www.narikiriservice.com


    (3)タイアップ施設・企業一覧
    (株)ありあけ、クイーンズスクエア横浜、JR 東日本、JR 桜木町駅前広場、日本丸メモリアルパーク日の丸自動車興業(株)MARK IS みなとみらいみなとみらい線横浜赤レンガ倉庫、よこはまコスモワールドランドマークプラザ

    ポケモンハーバー
    スカイダック(水陸両用バス)












    イベント全般の注意事項
    ・各イベントは全て入場無料です。
    ・天候やその他の理由により、予告なく内容や開催時間を変更したり、中止する場合があります。
    ・ご自身にてうちわや扇子、タオルなどをご用意いただくとともに、こまめな水分補給と、熱中症対策など体調管
     理に注意してご参加ください。
    ・周辺地域の駐車スペースに限りがありますので、お越しの際は公共の交通機関をご利用ください。
    ・ごみなどはお持ち帰りください。
    歩きスマホなど、周囲に危険を及ぼしかねない行為はご遠慮ください。
    ・当日の様子は、各種取材撮影および事務局による記録撮影が行われています。
     写真・動画で来場者の姿がテレビ・新聞・雑誌・WEB等に掲載されることがあります。予めご了承ください。

    (c)2019 Pokémon. (c)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
    ポケットモンスターポケモン任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。


    お問合せ先
    文化観光局企画課横浜プロモーション担当課長 貝田 泰史
    TEL:045-671-4065

    配信元企業:横浜市

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ピカチュウ大量発生、追加情報発表!】の続きを読む

    このページのトップヘ